SLRG 554 Summit View、アムトラック カリフォルニア ゼファーに連結されデンバーを出発

長くなりましたが、このプライベートカー+アムトラックの話の最終回。
前回までに連結は終わっていますけど、繋がっているのは連結器だけの状態です。

連結が終わっても、そんな簡単には出発することができません。
日本の感覚だと、連結が完了して、ジャンパーなどを接続すると、もうすぐに発車するイメージですが、
なんと言ってもアムトラックに、大昔のなんだかよくわからない客車を繋いで1500㎞くらい走るわけで、
いろいろと確認事項があるようです。

繋いでもらう側の車両は、Amtrak Superliner II Sightseer Lounge #33038です。
ここに車内の動画がありました。
ラウンジカーですね。こんな車両に乗ってロッキーを越えたら最高ですね。

まずはブレーキホースの連結、ジャンパーも繋いでもらってアムトラックの客車側からも給電してもらいます。
IMG_1118.jpg
ちなみにですが、ここの駅には地上からの給電設備があるので、駅に留置されている間はホームの端から出てるカプラーを繋げばエアコンとか照明が使えます。すごいですよねぇ。

ただ、うまく繋がらないみたいで、結構手間取ってました。
ちなみに作業は車掌二人で行っていましたが、一人は女性で、その女性の車掌も潜って作業してました。
ブルーのユニフォームに黒い油汚れがついちゃってて、かわいそうでした。
IMG_1119.jpg

向こう側にちらっと見えてるのは、デンバー ユニオン・ステーション駅の駅長さんです。
心配になって見に来たらしいです。接続完了。
IMG_1121.jpg

AMTRAKの最後端の車両は貫通路が二階なのですけど、Summit Viewは1Fなので連結面はこんな感じになります。
IMG_1113.jpg

内側から見ると、こんな感じです。行き来できなくはないですけど、服や体がやたら汚れそうで緊急事態じゃなければ行き来したくないですよねー。
IMG_1116.jpg


で、まだこれじゃ出発できないのです。
今度はブレーキがちゃんと利くかのテストをやります。ここが結構大事で、車掌が無線で機関車側と連携して諸々の確認。
目視で各ブレーキの確認も行っていました。
この写真の右端にジャンパーケーブルが置いてありますけど、そのケーブルを留置中の車両につなぐと給電ができます。
IMG_4242.jpg


連結してから30分以上経って、ようやく出発準備が完了。
IMG_1125.jpg

ではLouさん、さようなら、いろいろ見せてくれたり説明してくれてありがとうございました!!!
IMG_1123.jpg

とは言っても、簡単に発車できないのがAMTRAK。貨物優先なので、まずは貨物を通してから発車になるので、ここでまた待たされます。
このラミレス似の車掌さんもいい人で、いろいろ説明してくれました。
IMG_1127.jpg
はっきり言って、本来の業務に加えて結構面倒くさい追加業務なのに、二人とも淡々と作業をしてたのが印象的でした。

ということで、彼女さんもさようなら~👋
IMG_4241.jpg

ということでほぼ三時間遅れ位で発車。
IMG_4244.jpg

出発の模様はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント